ピルは全て同じ働きをするの?

どのピルも同じ働きをするのかどうか
避妊を行う場合にはコンドーム以外にも女性用の避妊薬であるピルを用いることも出来ます。このピルの働きを知ることは避妊をさらに確実なものにするために必要ですし、低用量ピルとアフターピルの違いを知ることでピルを使用する際のトラブルを未然に防止することも出来ます。

ピルの働きを知ることで自分の体の中でどのような変化が起き避妊が可能になるのかを理解できますし、ピルの効果の高さも知ることになるので、避妊を考える場合にピルを用いるのであれば事前に知識を得ることが重要となります。

避妊におけるピルの働きとは

妊娠を回避するための使用することになるピルですが、この働きとはいかなるものなのでしょうか。ピルと言う避妊薬はコンドームのような物理的な方法で避妊を行うわけでは無く、体内に取り込むことで初めてその効果を発揮することが出来るものだと理解する必要があります。

ピルを使用した場合には主成分となる黄体ホルモンが作用することで、体内で分泌されている女性ホルモンのバランスを操作することが可能になります。通常体内では黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2つのホルモンが常にバランスを取っており、どちらかが優位になることで生理を引き起こしたり妊娠しやすい状態に導いたりしています。
ピルの主成分である黄体ホルモンは妊娠しやすいもしくは妊娠の継続が安定するように子宮環境を整える作用があり、黄体ホルモンを体内で増やすことにより、既に妊娠していると錯覚させることで排卵を抑制するとともに子宮内膜の成熟は早まります。

もし仮に精子が子宮内に入り込んだ場合でも、卵子が無ければ受精することが出来ませんし、仮に受精出来た場合でも子宮内膜の成熟が早急すぎるので、着床出来ずに体外へ排出されることになります。
ピルを使用することでこの状態を、人工的に作り出すことが出来るため避妊が可能になるわけです。

低用量ピルとアフターピルの違い

同じようなものでも違う

ピルを使用する場合には低用量ピルとアフターピルと言う2種類の薬が存在しています。この2つの大きな違いとしては、低用量ピルは継続的に使用することで排卵が抑制され、避妊を可能にすることが出来る濃度の薄いピル。アフターピルはSEX後に体内で射精されたことが分かった場合に、受精と着床を強制的に出来なくすることが出来る中用量~高用量のピルを指します。

そのため使用するタイミングも全く異なり、低用量ピルは生理が始まったらすぐに使用し始め、毎日継続的な使用をする必要があるのに対し、アフターピルは妊娠の可能性がある場合にSEX後に使用することになる緊急用のピルとなります。濃度に大きな違いがあるので低用量ピルをアフターピルの代わりには出来ませんし、逆にアフターピルを毎日使用すると言うことも出来ません。

低用量ピルとアフターピルの働きは同じ?

低用量ピルとアフターピルは使用するタイミングが全く異なりますので一見成分も異なるものと考えてしまう人も少なくないでしょう。しかし実際には、どちらも避妊ができると言う点では同じ効果があると考えてよいでしょう。

低用量ピルとアフターピルの濃度の違いは、使用した場合の効果が発揮されるまでの時間の違いと効果の強さの違いがあると言えます。低用量ピルとアフターピルの働きはどちらも女性ホルモンのバランスを操作し妊娠を回避することには変わりありませんが、低用量ピルは毎日少量の黄体ホルモンを継続的に摂取することで体内の女性ホルモンのバランスを一定の状態に保ちつけることを目的としています。そのため服用を忘れてしまうと、低用量ピルによって保たれていたホルモンバランスが崩れてしまい、避妊の効果を失うことになります。

アフターピルの場合はすでに妊娠している可能性がある場合や体内に精子が入り込んだ可能性がある場合にそれを強制的に排除することを目的としており、使用することで子宮内膜の成熟を早めて剥がすことを目的としています。
そのことから使用すると生理周期前もしくは正規の生理周期周辺に、生理を引き起こすします。子宮の状態を妊娠出来ないようにすることが可能となります。

ただし72時間以内に使用しないと効果が発揮できないという使用する際の期限もあるのでそれに注意しないと正しい効果を得られなくなります。
どちらの場合も結果的には妊娠を阻害することが出来ますし、効果の強さに違いはあるにしろ同じ働きをすると言う点では同じだと考えてよいでしょう。

低用量ピルとアフターピルの副作用は?

異なるピルの副作用とは

低用量ピルとアフターピルを使用した場合にはどちらの場合でも高い避妊の効果を得られます。しかし低用量ピルとアフターピルには副作用の恐れもあり、その副作用にも違いがあります。基本的にピルはホルモンバランスを操作する為、少なからず体に何かしらの影響が及ぶことは避けられません。

その場合、低用量ピルに関しては用量が少ないため最初のうちは気分が悪くなるといった副作用の症状が出る場合も有りますが、それは徐々に収まり副作用に苦しむと言うことは無くなります。
アフターピルの場合は一度に高濃度の黄体ホルモンを摂取する為、低用量ピルに比べるとどうしても副作用が強く出ることになりますし、その確率もかなり高いものとなります。ただし、最近では副作用をあらわれにくく改良されたアフターピルもあります。
同じ働きをするピルでありながら低用量ピルとアフターピルにはこういった違いもあります。

同じピルでも服用するものの特徴を知ることが大切

ピルを避妊のために使用する場合には、その効果や作用を正しく知り副作用などの情報も理解しておくことが重要です。低用量ピルとアフターピルの違いや使用した際の効果の強さ、使用するタイミングの違いも知っておかなければいけませんし、使用した際に効果が出なくなるケースもあるということも理解して上手に使用することも必要となります。
避妊をすることはSEXをする場合には必ず考えるべきことですのでそれを理解してピルを上手に利用しましょう。