産婦人科でアフターピルを処方してもらうまで

アフターピルの入手方法は主に2つあります。一つ目が個人輸入を利用した通販での購入。そして、もう一つが産婦人科を受診し処方してもらう方法です。どちらの方法にもメリット・デメリットがある為、必ず確認した上でどちらの方法でアフターピルを入手するのか決める事が必要です。

通販でアフターピルを購入するメリット

携帯で通販を見ている女性
通販でも手軽に購入する事が出来るアフターピル。いくつかの種類の中からも選ぶ事ができ、評判などを確認して購入する事が可能になっています。個人輸入と聞くと購入方法も難しいように思う人もいるかと思いますが、基本的には国内の通販と同じですので、購入方法が面倒だと言うような事はありません。

通販でアフターピルを購入するデメリット

一見、手軽で何も問題のないように思える通販でのアフターピルの購入ですが、日本国内では医師の処方が必要な薬になっていると言う事を忘れてはいけません。その為、国内のドラックストアなどでは購入する事が出来ないのです。そんな薬を個人輸入で入手し使用すると言う事で、基本的には何かあった場合でも自己責任となります。その事は忘れてはいけません。

多くの場合は、大きな副作用の心配などはなく少し腹痛や頭痛などの症状を感じる程度となっています。またアフターピルの場合、72時間以内に服用する必要があります。その為、急ぎの場合は、もしかしたら間に合わないかもと言う事を考えておく事も必要です。

アフターピルを医師に処方してもらい入手するメリット

女性医師
産婦人科などを受診し、医師の処方の下でアフターピルを入手するメリットは、やはり安心感かと思います。医師の診察、そして、それからの処方と言う事で、自分の体に合わせたものを処方してもらう事が可能です。また、通販の場合、まれに偽物が入っている場合があるとも言われています。しかし、医師に処方してもらえば、そんな心配も必要ありません。

その上で、その場で処方してもらい、薬局で購入する事ができるため、時間をかけずに飲み始める事が可能になります。そのような事から、緊急を要する人の場合、医師に処方されたアフターピルの方が時間的にも安心だと言えるのです。

アフターピルを医師に処方してもらい入手するデメリット

アフターピルを医師に処方してもらうデメリットは、ズバリ費用の負担にあります。産婦人科とは言え、病気で受診するわけではない為、保険適用外での診察になります。保険適用外の診察と言う事は、例えば3割負担でいつも医療費を支払っている場合、1万円の医療費ならば、3千円の支払で済ませる事ができます。これは、薬に対しても同じことです。
と言う事は、保険適用外での診察、薬の処方となると1万円全額負担と言う事になってくるのです。これは例えの金額であって保険適用外の場合、実際どれほどの負担が必要になってくるかと言う事は産婦人科によっても異なる為、一概に金額を言い切る事は出来ません。

その他、医師の診察が必要と言う事で、アフターピルを処方する理由は、行為の日時なども話す必要があります。デリケートな問題になる為、話す事が嫌だと感じる人も多いかと思います。また保険適用外でも、エコーや内診と言った診察を行う産婦人科もあります。もちろん、これらは必要な検査の一つだと思いますが、やはり検査の内容が増えれば増えるほど保険適用外と言う事で負担が気になる所です。

保険適用外でも、保険証の提示が必要?

処方薬
保険適用外ならば保険証の提示など不要に思うかも知れませんが、多くの場合は保険適用外でも保険証の提示が必要になってきます。「なぜ?」と思うかも知れませんが、初めての場合はカルテの作成や身分証明書として使用する事が多いと思います。その為、何度かいった事のある産婦人科の場合「保険証を忘れました。」と言って、スルーする事は可能かと思います。どうせ保険適用外での診察の為…。

なぜ、ここまで、保険証の提示を気にする必要があるのかと言うと、それは年に一度送られてくる医療明細書にあります。家族で同じ保険証を使っている場合、一枚の封筒で郵送されてくる為、家族の誰が目にするかわかりません。その際「なぜ、産婦人科?」などと聞かれたら困ってしまうからです。もちろん産婦人科に行く理由はさまざまです。生理痛の改善などで受診したと言えば、疑われる事も少ないかと思います。その為、よほど心配な人以外は病院の言う通り、保険証の提示を行った方がいいかと思います。

以上が、アフターピルを購入方法で比較した際の違いになります。費用の負担を軽減させたいなら、通販。しかしその分、万が一の補償と届くまでの時間が気になると言う事を忘れてはいけません。反対に産婦人科での処方の場合は、安心感があるものの保険適用外と言う事で、費用負担が大きくなると言う事を忘れてはいけません。