通販で安くて、安全なアイピルを

通常、アフターピルは産婦人科などの病院から妊娠する危険性がある時に、その時服用する1回分だけ処方される避妊薬です。その上、診察料を含めると保険適用外なので1万円以上の費用がかかってしまう場合もあります。しかし、個人輸入代行通販サイトを利用すれば、安くアフターピルを購入することができます。ただ、なかには激安価格で偽物を販売している通販サイトもあるので、注意が必要です。

女性自身が望んでいない妊娠をしないために、助けてくれるアフターピル。数あるアフターピルの中でも、人気の高い避妊薬がアイピルなのです。その理由は、病院で処方される避妊薬であるノルレボ錠のジェネリック医薬品なので、安全性が確保されていることが大きく関係しているでしょう。さらに、その安全性がありながら、安い価格であるのがアイピルなのです。

ノルレボ錠と同じ有効成分

ジェネリック医薬品
アイピルに含まれている有効成分は、レボノルゲストレル(LNG)と呼ばれていて産婦人科等の病院で処方される避妊薬(ノルレボ錠)と同じ有効成分なのです。卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていて、比較的黄体ホルモンが多量です。その効果で、ホルモンバランスを故意に乱して、強制的に子宮内膜を剥がすことができます。そうして受精卵の着床を防ぐので避妊効果が期待できるのです。

低用量ピルにも同様の成分が含まれていますが、アフターピルは日々続けて服用する低用量ピルとは違い、一度の服用でその効果を発揮させなければならない為、その成分が多量なのです。その分、身体への負担は大きく、副作用も強く出ると言われるので「どうしても」という時だけ服用するようにしましょう。

ジェネリック医薬品なので、安い

特許が切れた成分が用いられた薬なので、それまで長期間使用されてきていることで安全性も確保されています。そのおかげで、特許が取れていた同じ成分のまま他の製薬会社での製造が可能になるのです。その上、新薬を製造することとは違い自社での実験なども必要が無いので、かなり安い製造費用となります。

こうすることで、ジェネリック医薬品を製造している場合は製造だけに力を注げるのです。それは利用者側にも大きく関係していて、費用がかからないので比較的安い価格で販売が出来るようになるのです。ただ、全く同じ成分で同じ効果という訳では無く、限りなく効果を近づけながら、苦みを抑えたり、飲みやすい大きさや形状にしたりと改良を加えられたものなのです。その為、もとの薬よりジェネリック医薬品の方が合う方もいるのです。また、その効果に関しては認可されているので効果が無いという心配はありません。

安全に安く、アイピルを購入する

ハートを手に持つ女性の手
アイピルはさまざまな個人輸入代行通販サイトで購入が可能です。その中で、定価は1錠入り1箱で¥1,500円前後です。その価格より安すぎる場合は、偽物の可能性もあるので口コミ等をみて信頼のあるサイトかどうか確認しましょう。また、サイトによっては箱数が増えるごとに1箱あたりの価格が安くなるところもあります。

アイピルを1箱¥1,500円のところ11%割引で、¥1,340円で購入が出来る上に最大30箱のセットだと46%割引で¥24,290円という半額近くになるサイトもあるのです。また、妊娠検査薬とのセットでの販売でも通常価格より10%割引されています。そんな最安値のアイピルはこちらから確認してください。

一般的に男性主導のコンドームでの避妊が多い中、これからは男性だけに避妊を任せるのではなく、女性自らが主導となって望まない妊娠をしないようにしなくてはいけません。そんな女性の為の味方になってくれるのが、アイピルなのです。そうして最終手段としてのお守りになってくれるアイピルを、女性は事前に用意しておくようにしましょう。